越冬キス釣り〜ポイントと釣り方

キス釣り カレイ釣り

越冬キス釣り〜ポイントと釣り方

キス釣りと言えば、夏です。

 

しかし、冬にもキスは釣れます。

 

この時期に釣れるキスのことを越冬キスと言います。

 

文字どおり、冬を越すキスのことです。

 

お腹に脂が乗っていて、本当においしいです。

 

キス釣り 冬

 

 

ポイントや釣り方は、夏のキスとは異なります。

 

越冬キス釣りのポイント

ポイントについてです。

 

夏はサーフでの釣りがメインです。

 

防波堤からでも釣れます。

 

この時期は、底が砂地であれば意外とどこでも釣れます。

 

 

冬に釣るキスの場合は、できるだけ水温の変化がないところがよいです。

 

流れのあまりない砂地の深場には、キスがいる可能性があります。

 

川の水が流れ込んでいない、できるだけ水深がある場所(10m以上)を選ぶとよいです。

 

川の水は冷たいのでキスが近寄りません。

 

サーフからでも釣れますが、深場はかなり沖の方になってしまいます。

 

遠投できない初心者などはサーフよりも、ポイントが比較的近い波止護岸がおすすめです。

 

水深は、着水後のカウントダウンである程度の深さがわかります。

 

 

また、カケアガリや藻場などの地形の変化のある場所もよいです。

 

仕掛けを引いてきて、急に重く感じられた場所があれば、カケアガリなど地形の変化のある場所です。

 

 

これらのことから、冬は次のポイントを狙うのがベストです。

 

  • 水深のある防波堤
  • 川の水が流れ込んでいない港内

 

 

この時期のキスは、じっとしていることが多いです。

 

目の前を通ったエサにだけ反応して、ついばむように捕食する傾向が強いです。

 

そのため、キスがいるポイントを的確に攻めないとあまり釣れません。

 

スポンサーリンク

 

 

ここでは、水深のある港内において、ちょい投げでキスを狙う際の仕掛けと釣り方をご紹介します。

 

越冬キス釣りの仕掛け

 

キス釣り ちょい投げ 仕掛け

 

 

この時期は、基本的に食い込ませやすくスローな釣り方が必須です。

 

軽いオモリで行う繊細な釣りです。

 

そのため、使用するロッドはメバリングロッドやアジングロッド、エギングロッド、シーバスロッドがよいです。

 

おすすめは、メバリングロッドです。

 

底を引く感触がわかりやすく、当たりが取りやすいです。

 

しかも、穂先が柔らかいので、エサを食い込ませやすいというメリットもあります。

 

長さは、2mほどが使いやすいです。

 

 

リールは、2000〜2500番ぐらいが使いやすいです。

 

ラインは、ナイロンの2〜3号を使います。

 

PEなら、0.4〜0.6号を使い、リーダーを取り付けます。

 

 

天秤は、弓形天秤がよいです。

 

ちょい投げ用の天秤を使ってもよいです。

 

市販のキス用仕掛けを購入するとよいです。

 

針は、できるだけ細軸の軽いものを使います。

 

越冬キス釣りの釣り方

始めにエサについてです。

 

エサはイシゴカイで、1匹掛けにして使います。

 

短く切ってしまうと逆に食いが悪くなります。

 

当たりがない場合は、タラシを0.5〜1cmほどに替えてみるとよいです。

 

 

冬は夏と違って、キスは一定の場所に集まっています。

 

夏のように、いろいろな場所で釣れるわけではありません。

 

扇状に仕掛けを投げ分けて、キスが集まっているところを探します。

 

キスが集まっている場所を、いかに早く探せるかで釣果が大きく変わります。

 

 

釣り方は次のとおりです。

 

夏のキス釣りは、キャストして引いてくるだけです。

 

少しくらい速く巻いても釣れます。

 

当たりがあっても、向こうアワセでOKです。

 

 

しかし、冬のキス釣りは少し異なります。

 

冬は、仕掛けをゆっくり引いてこないといけません。

 

エサをじっくり見せないと食ってくれないためです。

 

ただ、あまりにも遅すぎてもダメです。

 

ある程度はエサを動かしてアピールするようにします。

 

カケアガリなど地形に変化のある場所では、1分ほど引くのをやめて、そのまま当たりを待つのも効果的です。

 

 

当たりがあっても、向こうアワセでは針がかりしないことが多いです。

 

そのため、きっちりと食わせてから合わせる必要があります。

 

きっちりと食わせるために、小さな当たりがあった後することは次の3つです。

 

  • そのまま引く
  • 引くのを止める
  • ラインを少し緩める

 

この3つをうまく使って、きっちりと食わせます。

 

きっちり食わせることができれば、当たりが大きくなります。

 

大きな当たりがあれば、軽く合わせればOKです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「投げ釣り(遠投)とは?釣れる魚・餌は?

ホーム