キスの投げ(遠投)仕掛け

キス釣り カレイ釣り

キス(シロギス)の投げ釣り(遠投)仕掛け

キス(シロギス)の投げ釣り(遠投)仕掛けについてご紹介しています。

 

砂浜(サーフ)や堤防からの遠投で、キスを狙う際の仕掛けです。

 

仕掛けには、いろいろなものがあります。

 

 

基本的な仕掛けは、次のとおりです。

 

海草天秤を使った遊動式の仕掛け

 

投げ釣り 仕掛け

 

 

海草天秤を使った固定式の仕掛け

 

投げ釣り 仕掛け 海草天秤

 

 

ジェット天秤を使った仕掛け

 

投げ釣り 仕掛け ジェット天秤

 

 

竿

投げ釣り専用の竿をおすすめします。

 

詳しくはこちら!

 

 

リール・ライン

投げ専用のスピニングリールをおすすめします。

 

ラインと仕掛けの間に力糸を付けることもあります。

 

詳しくはこちら!

 

 

天秤

使う天秤の重さは、10〜30号が多いです。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどで、かなり変わってきます。

 

天秤には、いろいろな種類があります。

 

天秤の種類〜海草天秤とジェット天秤を比較

 

 

スナズリ

スナズリは、主に遊動式の仕掛けで使われます。

 

ハリスが天秤のリングで擦れて切れるのを防ぐために付けます。

 

固定式・半遊動式にも付ける人がいますが、絶対に必要というわけではありません。

 

フロロカーボン1.5号を50cmぐらいでよいです。

 

 

仕掛け

仕掛けは、市販の投げ釣り仕掛けを購入すればよいです。

 

キス用の針仕掛けタイプのものをおすすめします。

 

針の大きさは4〜9号、ハリスは0.8〜1.5号を使います。

 

狙うキスの大きさで選びます。

 

針の数は、多いほど釣れる確率が上がりますが、絡む危険性も増します。

 

初心者は、5本前後の仕掛けがよいです。

 

食いが渋い時交換できるように、いろいろな針の大きさやハリスの仕掛けを用意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「投げ釣り(遠投)で使う竿(ロッド)のおすすめは?

ホーム