花見カレイとは!仕掛けと釣り方

キス釣り カレイ釣り

花見カレイとは!仕掛けと釣り方

カレイ(花見ガレイ)釣り仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

花見ガレイとは、産卵が終わった後の春に釣れるカレイのことです。

 

戻りガレイとも呼ばれています。

 

花見ガレイ 仕掛け 釣り方

 

 

花見ガレイ釣りの仕掛け

花見ガレイ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

花見ガレイ 仕掛け

 

海草天秤の遊動式仕掛けです。

 

基本的な仕掛けは、カレイの投げ釣り仕掛けとほとんど同じです。

 

こちらを参照!

 

 

藻場やその周辺を攻める場合は、絡みにくいジェット天秤を使います。

 

藻が多い場所では、釣れたカレイが引っかかることがあります。

 

仕掛けが切れないように、太仕掛けで釣るとよいです。

 

ラインは、PEの4〜5号を使うと安心です。

 

スポンサーリンク

 

 

花見ガレイの釣り方

花見ガレイの釣り方についてご紹介しています。

 

おすすめのポイントは、水深10m以上で潮通しのよいところです。

 

深場のカケアガリなどが狙い目です。

 

花見ガレイを狙う時期は、まだ水温が低く、他の魚はまだ積極的にエサを食べに来ません。

 

仕掛けをキャストしても、エサが付いたまま上がってくることがよくあります。

 

 

もう少し暖かくなってくれば別ですが、カレイもそれほど積極的にエサを食わないことが多いです。

 

粘り強く釣らなくてはなりません。

 

具体的には、仕掛けをキャストして当たりがなくても、20分ほどは待ちます。

 

活性が高くないため、仕掛けを頻繁に動かすのはかえって逆効果です。

 

そのため、誘いをかけるのは1回です。

 

誘いは、リールを何回か巻いて、仕掛けを少し動かす程度にしておきます。

 

この誘いで当たりがなければ、ロッドを大きくシャクって1度仕掛けを跳ね上げるとよいです。

 

 

20分ほど待って当たりがなければ、仕掛けを回収してエサをチェックします。

 

エサが残っていても、すべてを新しいエサに交換します。

 

常に新鮮なエサにしておかないと、カレイの食いが悪くなるためです。

 

 

キャストするポイントについては、遠近・方向を変えて広く探ります。

 

どこで食ってくるのかわかりません。

 

できれば、複数本のロッドで同時に釣りたいです。

 

カレイの活性が上がってくるまでは、我慢の釣りを強いられることが多いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キス(シロギス)釣り仕掛け「ワーム(ルアー)

ホーム