キス釣りとカレイ釣りの投げ・船・ルアー仕掛け

キス釣り カレイ釣り

キス(シロギス)釣り仕掛け「ワーム(ルアー)」

キス(シロギス)釣りのワーム(ルアー)仕掛けについてご紹介しています。

アオイソメやイシゴカイなどの生きたエサを付けて釣るのが、今までの常識でした。

しかし、最近ではワームなどの疑似餌を付けて釣る方法が人気になりつつあります。

ルアーフィッシングがさまざまな釣りに広がっていることと、虫エサが苦手な子供や女性でもエサ付けできるということとが、大きな要因になっています。

今後さらに人気が高まりそうです。



では、具体的にどのような仕掛けで釣るのでしょうか?

実は、ルアー釣りだからと言って、特別な仕掛けなどが必要なわけではありません。

ちょい投げ釣りの仕掛けなどが活用できます。

あとは、生きたエサの代わりにワームなどを付ければよいだけです。


仕掛けは次のとおりです。

キス釣り ルアー ワーム



キス釣り ルアー ワーム



天秤や中通しオモリを使った仕掛けが、一般的です。

これ以外の仕掛けでも問題ありません。


竿

ちょい投げ釣りで使える竿がおすすめです。

アジングロッドメバリングロッドなどでも構いませんが、使うオモリの重さに注意が必要です。

詳しくはこちらを!


リール・ライン

ちょい投げ釣りで使えるリール・ラインがおすすめです。

詳しくはこちらを!


ワーム

詳しくはこちらを!


その他

中通しオモリは3〜10号ぐらいがよく使われます。

蛍光玉は、糸切れ防止のために付けます。

天秤、オモリ、仕掛けなどはこちらを参照!

アジングやメバリングのように、ジグヘッドにワームという組み合わせでも、狙えないわけではありません。

ただ、ジグヘッドにはオモリが付いていますので、食いが落ちます。


ここまでは、“ちょい投げ釣り+ワーム”のお話をさせていただきましたが、もちろん“投げ釣り(遠投)+ワーム”の組み合わせでも構いません。

投げ釣りの仕掛けにワームを付ければよいだけです。

そうすることで、ちょい投げ釣りよりも広範囲を探れます。


他の釣り方でも、エサの代わりにワームを付ければキスを狙えます。

どの釣り方を選ぶかは、お好みです。

スポンサーリンク


 

次へ 「キス釣りのワームのおすすめは?

ホーム