ちょい投げでのキス(シロギス)釣りの釣り方・コツ

キス釣り カレイ釣り

ちょい投げでのキス(シロギス)釣りの釣り方・コツ

ちょい投げはオモリの付いた仕掛けを投げて、底付近にいる魚を釣る方法です。

 

どのポイントへ投げるかによって、釣れる魚がある程度決まります。

 

そのため、キスを狙う場合は、砂地を中心に攻めないと、釣れても他の魚の可能性が高くなってしまいます。

 

事前に、海底の地形を把握しておく必要があります。

 

攻めるポイントが決まれば、釣りの開始です。

 

 

ちょい投げの釣り方は、次のとおりです。

 

仕掛けを投げる

決めたポイントに仕掛けを投げます。

 

遠くまで飛ばせば、よく釣れるというものではありません。

 

力まず、ゆったりと投げるとうまくいくことが多いです。

 

 

ラインのふけを取る

仕掛けが着水しても、すぐにラインが出て行くのを止めてはいけません。

 

仕掛けが底に着くまでは、そのままラインを出し続けます。

 

しばらくすると、自然にラインが出なくなります。

 

潮が速かったり、風が強いと、仕掛けが流されてラインが出続けることもあります。

 

着底すると、一時的にラインの出が止まりますので、それを見逃さないようにします。

 

底に着けば、リールを少し巻いてラインのたるみを取ります。

 

 

仕掛けをゆっくりと巻いてくる

仕掛けが底に着いてら、リールをゆっくりと巻きます。

 

仕掛けを引くことで、誘いをかけながら魚がいるところを探ります。

 

オモリは、必ず底に着いたまま引くようにしてください。

 

1mを5〜10秒かけて巻くぐらいの速さが理想です。

 

当たりがなければ、巻く速さを変えるとよいです。

 

速く巻いた方がよいこともあります。

 

当たりがない場合は、“巻いては止め”を繰り返すとよいです。

 

 

また、巻いていて急に重くなると感じることがあります。

 

そのような時は、仕掛けがカケアガリに差し掛かったことを意味します。

 

カケアガリには、魚がいる可能性が高いので、巻くのを止めて、しばらく当たりを待つとよいです。

 

 

当たりがあれば竿を立てて巻き上げる

当たりがあれば、ブルブルッという感触と共に、竿先に変化が見られます。

 

竿先が踊るように、上下に揺れることが多いです。

 

大型の魚だと、大きく曲がることもあります。

 

当たりがあれば、すぐに竿を立てて、その状態で巻き始めます。

 

あまり早く合わせすると、逃げられることがあります。

 

一呼吸待ってから、合わせるとよいです。

 

その後、しばらくキスが追い食いしてくるのを待ちます。

 

 

キスは、向こうアワセでもOKです。

 

向こうアワセとは、合わせなくても勝手に針にかかることをいいます。

 

そのため、当たりがあってもそのまま追い食いを狙います。

 

どちらでもよいです。

 

ただ、個人的には念のため合わせておいた方がよいと思います。

 

キス釣り ちょい投げ

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

仕掛けを投げて、そのまま当たりを待つ釣り方もあります。

 

何本かの竿を使って、同時に釣るとよいです。

 

投げる場所をいろいろと変えておくと、どのポイントにキスがいるのか探ることができます。

 

ポイントがわかれば、集中的にそのポイントを攻めると釣果アップが図れます。

 

ただ、直接ポイントに仕掛けを投げ入れると、キスが逃げてしまいますので、少し沖の方に投げておいて引いてくるぐらいがよいです。

 

釣り方によってエサのタラシを変えた方がいい!?

 

キスの釣り方には、“引き釣り”と“引かずに待つ”釣り方があります。

 

どちらも、同じエサの付け方でよいのでしょうか?

 

実は、エサの付け方を変えた方がよいです。

 

引き釣りの場合は、虫エサのタラシを短くします。

 

引いて釣る釣り方だけに、長いと針まで届かない可能性があります。

 

逆に、引かずに待つ釣り方はタラシを長めにします。

 

エサが動かないだけに、長い方がアピール度が高いです。

 

あくまで、1つの考え方です。

 

例外もあります。

 

 

キスのサイズや、食いの良し悪しによって変える釣り方もあります。
詳しくはこちらを!

 

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キス釣りのチョメリグ仕掛け及び釣り方

ホーム