カレイ釣りの投げ釣り仕掛け【ちょい投げも】

キス釣り カレイ釣り

カレイ釣りの投げ釣り仕掛け【ちょい投げも】

カレイの投げ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

投げ釣りも、ちょい投げもほとんど同じ釣具と仕掛けです。

 

投げる飛距離が違うので、多少竿が異なるだけです。

 

 

また、仕掛けを投げてカレイを釣る場合、釣る場所は大きく分けると2つあります。

 

堤防砂浜(サーフ)です。

 

河口付近の汽水域も好ポイントとなっています。

 

 

どちらから釣る場合も、使用する釣具や仕掛けはほとんど同じです。

 

つまり、投げ釣り・ちょい投げ、堤防・砂浜と、どの場合も釣具や仕掛けはほとんど変わらないということです。

 

変わるとすれば、釣りに行く場所や釣るカレイの大きさ、その日の海の状況(潮の速さなど)などが関係することが多いです。

 

 

今回は、代表的な仕掛けをいくつかご紹介します。

 

<海草天秤固定式>

カレイ釣り 海草天秤

 

 

<海草天秤遊動式>

カレイ釣り 海草天秤

 

 

どちらを使っても構いません。

 

固定式と遊動式の違いはこちら!

 

スポンサーリンク

 

 

<ジェット天秤>

カレイ釣り ジェット天秤

 

 

基本的には、根がかりが発生しそうなポイントではジェット天秤、発生しそうにないポイントでは海草天秤を使います。

 

ジェット天秤と海草天秤の違いはこちらを!

 

 

竿

詳しくはこちらを!

 

 

リール

詳しくはこちらを!

 

 

ライン

詳しくはこちらを!

 

 

天秤

海の状況などによって10〜30号を使い分けます。

 

 

ハリス・針

ハリスは3〜5号、針はカレイ針12〜15号を使います。

 

仕掛けは市販のもので構いませんが、必ずカレイ釣り用のものを使います。

 

キス釣り用のものは、切れる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カレイ釣りの竿の選び方

ホーム