船でのカレイの釣り方

キス釣り カレイ釣り

船でのカレイの釣り方

船でのカレイの釣り方についてご紹介しています。

 

船での釣りは、ポイント周辺まで行ってくれるので、キャストしなくても構いません。

 

軽く下から投げることはあるかもしれませんが。

 

 

基本的には、竿下に仕掛けを沈めます。

 

底に着いたら、糸ふけを取ります。

 

その後、竿を小刻みに上下させて、オモリで底を叩きます。

 

小突くと表現されることもあります。

 

これにより、カレイにエサがあることをアピールするのです。

 

 

また、竿を上げてオモリにテンションをかけた状態で、ゆっくりと底まで下げるような誘い方がよい場合もあります。

 

誘いをかけないと釣れないと言われていますので、誘いの速さ、竿を上げる幅など、いろいろと変えてみます。

 

もっとも反応のよい誘い方を見つけます。

 

カレイ釣り 船 釣り方

 

 

当たりがあれば、合わせます。

 

針がかりすれば、ゆっくりと巻き上げます。

 

針がかりしない場合は、底まで沈めて再度食ってくるのを待ちます。

 

即合わせがよかったり、少し待ってから合わせた方がよかったりと、日によって異なることがあります。

 

最良な合わせのタイミングを見つけられれば、釣果アップ間違いなしです。

 

 

関東では、軽く仕掛けをキャストして、置き竿でカレイが食ってくるのを待つ釣り方が主流です。

 

上でご紹介した釣り方とは正反対です。

 

場所によって、釣り方がまったく異なります。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「筏カレイ釣り仕掛けと釣り方

ホーム