キス(シロギス)のワーム(ルアー)での釣り方

キス釣り カレイ釣り

キス(シロギス)のワーム(ルアー)での釣り方

キス(シロギス)のワーム(ルアー)での釣り方についてご紹介しています。

 

ワームでキスを釣る一般的な方法は、ちょい投げ釣りか、投げ釣り(遠投)です。

 

釣り方は、生きたエサを使う場合と、それほど大きくは変わりません。

 

 

仕掛けを投げて着底すれば、ゆっくり巻いて一定時間止めるだけです。

 

生きたエサなら、何もせずに放置していても、エサが勝手に動きますので、魚は食ってくれます。

 

しかし、ワームは誘いをかけなければ動きませんので、放っておいても食ってくれません。

 

そのため、ワームを動かして誘いをかけなければならないのです。

 

 

いかに、魚にアピールできるかによって釣果が変わってきます。

 

ただ、あまりにも速く巻くと、逆効果です。

 

速すぎると、キスが食いつくことができません。

 

基本は、ゆっくり巻いてくるだけでよいです。

 

つまり、エサ釣り同様の方法で引き釣りを行えばよいのです。

 

 

キスが食わなかったり、外道に邪魔される場合には、巻く速さを少し速めてみるとよいでしょう。

 

キスがよく食う速さを見つけてください。

 

巻くのを少しの間やめて止めてみたり、竿先を小刻みに上下させて誘ってみると食ってくることがあります。

 

 

当たりがあれば、そのままゆっくり巻いて食い込ませるようにします。

 

ワームは、エサと違って食い込みが悪いためです。

 

ゆっくり巻き続けて、重くなって来たら巻き合わせするとよいです。

 

 

釣れない場合は、ワームの種類、色、大きさなどを変えてみることも重要です。

 

針の大きさを小さくするのも有効です。

 

あとは、釣れるポイントを求めて、移動しまくるだけです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カレイのルアー(ワーム)釣り仕掛けと釣り方

ホーム