キス釣りのコツや合わせ【サーフ】

キス釣り カレイ釣り

キス釣りのコツや合わせ【サーフ】

キス(シロギス)釣りのサーフ(砂浜)でのコツや合わせについてご紹介しています。

 

キスの投げ釣りと言えば、サーフでの引き釣りです。

 

引き釣りとは、竿を手に持ってリールをゆっくりと巻き、仕掛けを引っ張ってくる釣り方です。

 

この釣り方で、キスの群れを広範囲にわたって探るのです。

 

 

キス釣りのポイント

キス釣りのポイントについてご紹介しています。

 

キス釣りでおすすめのポイントは、次のとおりです。

 

  • 藻場のある砂地
  • 水深10m未満の場所
  • 午前中に日当たりがよい場所
  • ゴロタ石や根のある砂地
  • カケアガリ
  • 船道のミオ筋

 

 

もっともおすすめなのが、日当たりのよい浅い藻場のある砂地です。

 

根掛かりのおそれがありますが、良型がいることが多いので試してみる価値はあります。

 

カケアガリも外せない好ポイントとなっています。

 

 

キス釣りの釣り方

ここでは、サーフでの釣り方を解説します。

 

釣り方は、次のとおりです。

 

 

仕掛けを投げる

仕掛けを遠投します。

 

ポイントが近い場合には、軽く投げることもあります。

 

後方の確認をしてから、投げるようにします。

 

 

ラインのふけを取る

仕掛けの着水後、仕掛けが底に沈むまで待ちます。

 

着底したら、ラインが出なくなりますので、見逃さないようにします。

 

潮の流れや風によっては、わかりにくいこともあります。

 

着底後、ラインのふけを取ります。

 

スポンサーリンク

 

 

仕掛けを引いてくる

仕掛けの引き方には2種類あります。

 

1つは、リールを巻いて仕掛けを引いてくるという方法です。

 

キス釣り 釣り方 投げ釣り

 

 

もう1つは、竿を立て、それにより引っ張られた分だけリールを巻くという方法です。

 

キス釣り 釣り方 投げ釣り

 

 

どちらの方法でも構いません。

 

巻く速さは、1mを5〜10秒かけるのが一般的です。

 

ただ、これはあくまで目安です。

 

 

引いてきて急に重くなることがありますが、それは仕掛けがカケアガリに差し掛かったためです。

 

キスはカケアガリにいることが多いので、引くのをやめてしばらく様子をみるとよいです。

 

 

釣れない時は、引く速さを変えます。

 

釣る場所やその時の状況によっても変わってきます。

 

その日もっとも効果的な引き方を早く見つけることが大切です。

 

 

他にもこのような引き方がある!

 

沖のキスを狙う場合は、竿尻を地面に付けた状態で、竿を立ててリールを巻きます。

 

竿尻を固定すると、小さな当たりを取りやすいです。

 

手前を狙う場合は、竿を寝かせて、竿を横へ動かすことで仕掛けを引いてきます。

 

このようにすると、誘いに変化を付けやすいです。

 

キスが食ってきたら、合わせてやるようにします。

 

このように狙うポイントの距離によって釣り分けるとよいです。

 

 

また、針が多い場合は、竿を立てて慎重に巻くようにします。

 

そうすることで、仕掛けが絡みにくくなります。

 

 

いろいろな釣り方があります。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

仕掛けを引く速さは適正?

 

基本的に、魚影が濃かったり、活性が高い時速めに引きます。

 

一方、魚影が薄かったり、活性が低い時遅めに引きます。

 

 

釣れた魚の掛かり具合からも、引く速さを調整できます。

 

1匹の魚が2つの針に食い付ている場合、引くのが遅いので、もう少し速く引くとよいです。

 

先針の方にだけ魚が食い付く場合、引くのが速いので、もう少し遅く引くとよいです。

 

 

これらはあくまで目安ですが、参考にして引く速さを調整してみましょう。

 

そうすれば、釣果アップにつながるかもしれません。

 

 

 

当たりがあれば竿を立てて巻き上げる

当たりがあれば、ブルブルッという感触が手に伝わってきます。

 

もちろん、竿先の変化でも当たりはわかります。

 

キスは見た目と違って、意外と引きが大きいです。

 

それも、キス釣りの魅力の1つです。

 

 

キスは、基本的に向こうアワセでOKです。

 

向こうアワセとは、合わせなくても勝手に針がかりすることをいいます。

 

ただ、向こうアワセでは針がかりしないことがあります。

 

それに、向こうアワセではキスが針を飲み込む可能性が高くなります。

 

飲み込むと、針を取り出すのが面倒です。

 

こういったことを避けるために、軽く合わせるのもよいです。

 

ただし、連掛けを狙うのなら、合わせてはいけません。

 

そのまま巻き続けるだけでよいです。

 

 

キスは、群れで泳いでいます。

 

1匹当たったら、すぐに巻き上げずに追い食いを狙います。

 

ラインの色などから、釣れたポイントを覚えておき、次はそのポイントに仕掛けを持っていくようにします。

 

これができれば、かなり数が伸びるかもしれません。

 

ただ、直接ポイントに仕掛けを投げ入れると、キスが逃げてしまいます。

 

必ず少し沖の方に投げておいて、引いてくるようにしてください。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「投げ釣り・ちょい投げ仕掛けでカレイを狙う

ホーム