カレイ釣りの時期と時間帯

キス釣り カレイ釣り

カレイ釣りの時期と時間帯

カレイ釣りの時期と時間帯についてご紹介しています。

 

 

カレイ釣りの時期

投げ釣りと言えば、夏のキスに、冬のカレイというイメージが強いです。

 

キスが深場に落ちていくと、カレイの本番を迎えます。

 

 

カレイ釣りの時期は、11〜4月(産卵期を除く)までとなっています。

 

産卵期は1〜2月で、これに合わせてこの少し前からだんだん岸の方に近づいてきます。

 

この時期はエサを活発に食べます。

 

カレイがよく釣れる乗っ込みです。

 

産卵期はあまりエサを食べません。

 

産卵後(水温が上がる3〜4月)はよく釣れます。

 

この時釣れるカレイのことを花見ガレイ(戻りガレイ)と言います。

 

桜が咲く時期によく釣れるカレイということで、このような名前が付いたようです。

 

しかも、良型揃いです。

 

水温が上がって来ると、深場に落ちていきます。

 

最大の狙い目は、3〜4月です。

 

カレイ釣り 時期

 

 

カレイ釣りの時間帯

他の魚同様、朝マズメ夕マズメがよいです。

 

朝マズメから早朝にかけてよく釣れるという声を聞きます。

 

場所によって異なるかもしれません。

 

カレイはどちらかと言うと、時間帯よりが重要です。

 

潮変わりの時間帯、特に干潮前後に食ってくることが多いです。

 

潮止まりの時間帯もおすすめです。

 

ただ、その日の状況によっても、かなり変わってくるので、一概には言えません。

 

 

また、潮が速い釣り場では潮止まり前後、潮が緩い釣り場では潮が流れている時間帯が狙い目です。

 

カレイ釣りは、潮の変化に敏感にならないといけません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カレイ釣りのエサと付け方

ホーム