キス(シロギス)釣りのちょい投げ仕掛け

キス釣り カレイ釣り

キス(シロギス)釣りのちょい投げ仕掛け

キス釣りのちょい投げ仕掛けについてご紹介しています。

 

キスは、水温が高くなると、浅場に移動してきます。

 

10mほど沖の浅場にキスがやって来るようになります。

 

そのような時は、ちょい投げが最適です。

 

初夏から秋にかけては、ちょい投げでキスを釣るとよいです。

 

ちょい投げなので、ライトなタックルで釣ることができます。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

キス釣り ちょい投げ 仕掛け

 

竿

キスロッドバスロッドなどがおすすめです。

 

詳しくはこちら!

 

 

リール・ライン

小〜中型のスピニングリールがおすすめです。

 

ラインは、ナイロンが一般的です。

 

詳しくはこちら!

 

 

天秤

天秤には、弓形天秤を使います。

 

ジェット天秤や海草天秤、スパイク天秤など、他にもいろいろと天秤が売られています。

 

どのようなタイプのものでも釣り自体は可能ですが、弓形天秤がよく使われています。

 

ちなみに、腕の長さは10cmほどがよいです。

 

 

ちょい投げ専用のオモリ付き天秤「ダイワ アームシンカーS(スリム)」というものがあります。

 

 

 

「ささめ針 特選SLエアーシンカー」が大人気です。

 

こういった商品を使うと、さらに釣りやすいです。

 

 

 

オモリ

オモリは、ナス型オモリ3〜8号を使います。

 

 

仕掛け

仕掛けは、市販のちょい投げ仕掛けを購入すればよいです。

 

キス用の針仕掛けタイプのものをおすすめします。

 

針の大きさは6〜7号、針の数は3〜5本ぐらいにしましょう。

 

初心者は、3本針が使いやすいです。

 

食いが渋い時交換できるように、いろいろなハリスや針の大きさの仕掛けを用意しておきましょう。

 

 

こういったセットになった商品を使うと、非常に簡単に釣りを楽しめます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キス(シロギス)釣りのちょい投げに使う竿(ロッド)のおすすめは?

ホーム