投げ釣りの遠投方法(基本的な投げ方)とコツ

キス釣り カレイ釣り

投げ釣りの遠投方法(基本)とコツ

投げ釣りの基本的な遠投方法とコツについてご紹介しています。

 

投げ方自体は、ちょい投げも同じです。

 

もっともよく行われている、オーバースローという遠投方法についてみていきます。

 

まずは、この方法をマスターしましょう。

 

 

オーバースローのよいところは、コントロールがつけやすいことです。

 

初心者でも、練習すれば、投げたい方向に投げることができるようになります。

 

飛距離が出ないと言われることがありますが、それほど気にしなくてもよいと思います。

 

飛距離よりも、狙ったところへ仕掛けを投げられることの方が重要です。

 

 

投げ方の流れは、次のとおりです。

 

後ろを確認する

投げる前に、人や障害物がないか、必ず確認しなければなりません。

 

針を引っかけると、大けがの恐れがあります。

 

 

竿先のガイドとオモリまでの距離を確認する

竿先のガイドとオモリまでの距離を20〜30cmにセットします。

 

この距離が短すぎると、飛距離が出にくいです。

 

慣れてくれば、距離を長くすると、飛距離が出るようになります。

 

投げ釣り 投げ方

 

ベールを返す

人差し指でラインを押え、ベールを返します。

 

投げ釣り 遠投方法

 

 

態勢を整える

投げたい方向に対して、体を正面に構えます。

 

胸は張り気味にします。

 

竿先を後方に向け、投げる態勢に入ります。

 

この時、リールが上にきます。

 

 

投げる

竿を後方から前方へ、まっすぐ振り下ろします。

 

振り下ろしながら、ラインを押えた指を離します。

 

離すタイミングは、竿が斜め上40〜45度に向いた時です。

 

これより早く離すと、軌道が山なりになってしまいます。

 

逆に遅すぎると、低い軌道になってしまいます。

 

どちらも、飛距離は出ません。

 

初心者は、指を離すタイミングを意識して投げるとよいです。

 

飛距離をアップするためには?

 

次のような態勢を取るとよいです。

 

  • 右腕を伸ばす
  • 右腕を低く、左腕を高く構える

 

こうすることで、オモリが高く遠くへ飛びます。

 

さらに、投げる際に右足をねじりながら、左足を踏ん張るようにします。

 

こうすることで、より竿に力が伝わりやすくなります。

 

 

針の数を減らすことで飛距離が伸びます。

 

針の数が少ないと、空気の抵抗を受けにくくなるためです。

 

ちょっとしたことですが、意外とバカにできません。

 

 

「オーバースロー」の参考画像・動画

 

投げ釣り

 

 

他にも、遠投方法はあります。

 

スリークウォータースロー(V字投法)」「サイドスロー」「回転投法です。

 

「スリークウォータースロー」の参考画像・動画

 

「サイドスロー」の参考画像・動画

 

「回転投法」の参考画像・動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キス(シロギス)の投げ釣り(遠投)の釣り方

ホーム