カレイのルアー(ワーム)釣り仕掛けと釣り方

キス釣り カレイ釣り

カレイのルアー(ワーム)釣り仕掛けと釣り方

カレイのルアー釣りについてご紹介しています。

 

あまり聞いたことがありませんが、カレイはルアーでも釣れます。

 

ルアーと言っても、ワームです。

 

 

カレイのルアー(ワーム)釣り仕掛け

 

一般的な投げ仕掛けやちょい投げ仕掛けで釣ります。

 

その仕掛けに、エサの代わりにワームを付けます。

 

<海草天秤固定式>

カレイ釣り 海草天秤

 

 

<海草天秤遊動式>

カレイ釣り 海草天秤

 

 

<ジェット天秤>

カレイ釣り ジェット天秤

 

 

竿

ちょい投げ釣りの竿を使うとよいです。

 

詳しくはこちらを!

 

 

リール・ライン

ちょい投げ釣りのリール・ラインを使うとよいです。

 

詳しくはこちらを!

 

 

ワーム

使用するワームは、キス釣りでも実績のあるガルプ!サンドワームパワーイソメがおすすめです。

 

 

 

 

その他

ワームで釣る場合、針は2〜3本の方がよいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

カレイのルアー(ワーム)釣りの釣り方

まずは、仕掛けをキャストします。

 

底に沈んだら、糸ふけを取って少し巻きます。

 

重く感じたり、ゴロゴロしていると思った場所で巻くのをやめます。

 

こういった場所は、カケアガリなどカレイがいそうなポイントです。

 

後は、しばらく何もせず当たりを待ちます。

 

 

カレイは、基本的にあまり誘い過ぎると食いません。

 

だからと言って、何もせずに放置していたのでは、ただのゴムであるワームに食いついてくれそうな気がしません。

 

「ガルプ!サンドワーム」と「パワーイソメ」はエキスが染み込んでいるので、そのエキスで食ってくれるかもしれませんが。

 

こまめに誘っては(巻いては)しばらく止める”を繰り返した方がよいです。

 

そう考えると、釣り方はエサ釣りとそれほど大きくは変わりません。

 

 

ネットで調べてみると、ワームで釣るより、虫エサで釣る方がよく釣れるという声が多いように感じます。

 

ただ、日によってワームの方がよい時もあるかもしれません。

 

そのため、釣りに行く時には、ワームを準備しておくとよいかもしれません。

 

エサとワームの両方で釣ると、面白そうですからね。

 

1度チャレンジしてみてください。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カレイ釣りの船のワーム仕掛け

ホーム