キス釣りのチョメリグ仕掛け及び釣り方

キス釣り カレイ釣り

キス釣りのチョメリグ仕掛け及び釣り方

キス釣りのチョメリグ仕掛け及び釣り方についてご紹介しています。

 

少し前ですが、チョメリグという便利アイテムが売り出されました。

 

天秤ではないですが、天秤のような役割を果たすものです。

 

チョメリグは、上の部分がフロートで、下の部分がオモリになっています。

 

そのため、海中で仕掛けが安定します。

 

他にも、いろいろな特徴があります。

 

  • リーダーの絡みを防止する。
  • 根がかりが少なくなる。
  • 遠投できる。
  • 重さは、4g・6g・8g・10g・12g・15g・20g・25gと種類が豊富。
  • オモリを底に着けて引くだけで、ワームやエサがゆらゆらと揺られてよい誘いがかかる。
  • 対象魚はキスだけではなく、アジやメバル、スズキ、マダイ、ヒラメなど。

 

特に、飛距離が出ること根がかりが少ないことに関して高く評価されています。

 

使う価値はあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キス釣りのチョメリグ仕掛け

仕掛けは、次のとおりです。

 

キス釣り チョメリグ

 

スピニングリールを装着したロッドで、この仕掛けを投げて釣ります。

 

ロッドやリールは、ちょい投げ釣りで使うようなもので十分です。

 

詳しくは「ちょい投げ仕掛け」を参照!

 

 

リーダーは、フロロカーボンの3〜4lbを30cmほど使います。

 

エサは、生きた虫エサでもワームでも構いません。

 

ワームについてこちらを!

 

 

キスのチョメリグ仕掛けでの釣り方

釣り方は、ちょい投げの引き釣りとほぼ同じです。

 

仕掛けを投げ、底に着くまで待ちます。

 

その後、ゆっくりと仕掛けを引いてきます。

 

この時に、チョメリグの効果により、エサまたはワームがゆらゆらと揺れます。

 

 

釣れなければ、引く速さを変えたり、軽くシャクってみるなど、いろいろと試してみてください。

 

ワームの交換が効果的な場合もあります。

 

 

当たりがあっても、すぐに合わせない方がよいです。

 

しっかりとキスが食うまで待ちます。

 

キスがかかれば、緩めることなく、一定の速さで巻いてきます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「越冬キス釣り〜ポイントと釣り方

ホーム