キス釣りのちょい投げにおすすめの竿の長さなど

キス釣り カレイ釣り

キス(シロギス)釣りのちょい投げに使う竿(ロッド)のおすすめの長さなど

キス(シロギス)のちょい投げ釣りに使う竿(キスロッド)の選び方についてご紹介しています。

 

ちょい投げ釣りは、遠投まではしません。

 

遠投はしないと言っても、軽くは投げなくてはなりませんので、投げるのに適した竿を選ばなければなりません。

 

 

投げ釣り用の竿でも使えますが、ちょっと釣りにくいかもしれません。

 

できれば、ちょい投げ対応の竿がよいです。

 

長さは2〜4mと、お好みで選ぶとよいです。

 

ナス型オモリ3〜8号ぐらいをよく使いますので、これらを投げても問題がない竿を選ばなければなりません。

 

竿の号数(投げられるオモリの重さを表しています)は、10〜15号ぐらいがよいかと思います。

 

張りのある、やや硬めの竿が適しています。

 

 

上の条件を満たせば、何でも使えます。

 

次のような竿が、よく使われます。

 

  • コンパクトロッド
  • 万能竿
  • バスロッド
  • シーバスロッド
  • エギングロッド
  • アジングロッド
  • メバリングロッド

 

あくまで一例ですので、他の竿でも問題なく使えます。

 

ただ、無理は禁物です。

 

無理をしてオモリを投げると、竿を破損させてします。

 

そのようなことがないように注意してください。

 

 

個人的には、ちょい投げ対応の竿以外では次の4つがおすすめです。

 

投げ竿

投げ竿については、上で釣りにくいかもしれないというお話をさせていただきました。

 

それは、絶対に軽くしか投げないという条件が付いた場合です。

 

しかし、キスはどこにいるかわかりません。

 

そのため、近距離から遠距離まで幅広く探らないといけないことがあります。

 

そのような時は、1本で幅広く探ることができる投げ竿がおすすめということになります。

 

オモリ負荷は27〜30号ぐらいのものがよいです。

 

 

シーバスロッド

100m以内と本格的には投げない時は、シーバスロッドがおすすめです。

 

投げ竿は長く、持ち運びなどに不便です。

 

釣り場によっては、投げ竿では釣りにくいということがあります。

 

遠投性があって使いやすいというのが、シーバスロッドの大きなメリットです。

 

 

エギングロッド

エギングロッドは、取り回しがよく、機動性が高い竿です。

 

しかも、50mほどなら投げることも可能です。

 

非常に扱いやすいです。

 

子供や女性が気軽に釣りを楽しむのにぴったりです。

 

長さは、8フィート前後がよいです。

 

 

メバリングロッド

メバリングロッドは、非常に穂先が柔らかい竿です。

 

そのため、キスに違和感を与えないので、食い込みがよいです。

 

小さな当たりもわかりやすいです。

 

ただ、オモリは軽いものしか使えませんので、飛距離は出ません。

 

すぐ近くで釣れる場合しか出番はありません。

 

 

状況によって、いろいろな竿を使い分けるとよいです。

 

そうすることでさらにキス釣りが楽しくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめの竿

 

 

 

 

 

Amazonで他の竿を探す!

 

 

 

次へ 「キス(シロギス)釣りのちょい投げに使うリールのおすすめは?

ホーム