カレイ釣りの投げ竿のおすすめ

キス釣り カレイ釣り

カレイ釣りの投げ竿のおすすめ

カレイ釣りの竿の選び方についてご紹介しています。

 

カレイ釣りは、必ずしも遠投しなくても構いません。

 

ちょい投げでもOKです。

 

すぐ近くで釣れることもあります。

 

そのため、遠投が可能な竿とちょい投げに適した竿を用意しておく必要があります。

 

 

ちょい投げ用の竿

ポイントが近くて潮が緩い港内などで釣る場合は、ちょい投げで十分です。

 

ちょい投げには、投げ専用の竿までは必要ありません。

 

軽く投げるだけなので、短くて操作性のよい竿の方が扱いやすいです。

 

長さは2〜3mぐらいがよいです。

 

もちろん、長くても何の問題もありません。

 

使用する仕掛け(天秤を含む)はほぼ同じなので、ある程度の強度が必要です。

 

 

よく代用される竿には、次のようなものがあります。

 

  • 万能竿
  • バスロッド
  • シーバスロッド
  • エギングロッド

 

ある程度の重さのオモリや、ルアーなどを投げて行う釣り方に用いられる竿が適しています。

 

そのため、硬しすぎてもいけませんし、柔らかすぎてもいけません。

 

この条件を満たしていれば、他にもいろいろな竿が使えます。

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめのちょい投げ用の竿

 

 

 

Amazonで他のちょい投げ用の竿を探す!

 

 

投げ釣り(遠投)用の竿

遠投には、投げ専用の竿がおすすめです。

 

標準的なタイプの竿は、長さが4mで、オモリ負荷が25号なので、これ以上の竿を準備しておきましょう。

 

オモリ負荷が30号ならベストです。

 

どれくらいの重さのものを投げるかを確認して決めると間違いありません。

 

投げ釣りに対応した竿で釣りを行わないと、仕掛け(天秤を含む)を遠くに飛ばすことができません。

 

無理矢理に投げると、破損の恐れがあります。

 

おすすめの投げ釣り(遠投)用の竿

 

 

 

 

 

 

Amazonで他の投げ釣りの竿を探す!

 

 

 

次へ 「カレイ釣りのリールの選び方

ホーム